トヨクモ安否確認サービス2

Powered by トヨクモ株式会社

クラウドレーダー

トヨクモ安否確認サービス2
資料更新日:2019/10/11

このサービスには資料がありません。

自然災害やパンデミック、サイバーテロなど企業を襲うリスクは多様化しています。また、近年は異常気象が増え、災害も増える傾向にあります(増える災害)。企業は災害時の混乱を最小限に留め、顧客サービスを継続的に提供するためのBCP(BCPとは)が求められております(BCPの必要性)。

本サービスは、災害時の安否確認を携帯電話やパソコンで行うクラウドサービスです。災害発生時の被害状況を正確に把握し、社員への指示を迅速に行うための機能を備えております。また、社内ネットワークの障害時の緊急連絡用としてもご活用いただけるサービスになっております。

東日本大震災規模の大震災でも安心して利用いただけるように従来の安否確認システムの問題点を調査し、次世代型の安否確認システムとして、本サービスを提供しております。

オススメ
・国内の災害を想定したシステム構成
国内の災害を想定して、データセンターを国際分散させています。

・激増するアクセスにも対応する、オートスケールシステム
災害時にアクセスが急増し、システムの負荷が高まると、サーバーを自動で拡張します。

・毎時6千万通以上配信できる、メール配信エンジン

・誤報判定機能を備えた、気象庁の情報に連動した自動送信

・どのような管理者でも一切閲覧できない、メールアドレス

・国内シェアNo,1のグループウェアを踏襲したデザイン

・フィーチャーフォン(ガラケー)に完全対応

・グループ会社やサプライヤー企業での利用も可能

・システムが自動で無効なメールアドレスを判定

・無料で利用できる、スマートフォン専用アプリ

・バージョンアップを重ね、日々進化し続けるシステム
平均して週に1回以上のバージョンアップを実施

・大規模災害を想定した負荷検証
 同じジャンルで比較
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top